CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
カラス
カラス (JUGEMレビュー »)
湘南乃風, 10-FEET
RECOMMEND
純恋歌
純恋歌 (JUGEMレビュー »)
湘南乃風,Soundbreakerz
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
けじめ
昨日結構遅くまで打ち上げしてた
予備校の身内打ち上げ

ボウリング行って、英語禁止ゲームやって
プリクラ撮りに行って、バッティングセンター行って
串かつ食べに行って、ファミレス行って
恋バナして、のろけられて、別れ話聞いて
車で駅まで送ってもらって、電車の中で寝て
仲良しの子の家に泊まりに行く約束して
それを目指して、大学も頑張ってこう!と思ったそんな日

あの人も打ち上げに来て、逢えて、嬉しかった
だけど、あの人はやっぱりまだあの子を追っかけてるみたいで
行く途中途中で2人きりで話こんだりするし
ベンチに2人で座って、まったりしてるし
そんな2人を見ていられるわけもなく
ただ仲良しの友達に「2人ないわー」と小声でほざくだけでした

串かつのお店で前に座ったあの人に色々教えてもらいながら
色んな具材を揚げてたら、あの人からお返しもらって
それがハートの粒をした紅茶で、可愛くて、可愛くて
「帰ったら絶対飲むー」なんて言ったものの
可愛すぎて、もったいなくて、あの人からもらった物の形が
なくなってしまうことが嫌だったので、棚においてある
そんなテンションMAXを下げる出来事もありました

あの子があの人に誕生日プレゼントあげてたの
あの人の誕生日は4日後だったから
そんなの用意してるはずもなくて、なんか、悔しかった
逢えること自体嬉しかったから
逢えることが目的だったから
だから、そんなの用意するっていう考えもなかった

あの人は本当に喜んで、何回も「まぢで?」って言って
にたにたした顔で「ありがとう」って言ってた
それはあの子へだけの言葉

悔しかった
寂しかった
辛かった
きみの声が聞きたくなった

けじめ、つけました
もうフォルダーも指定着信音もやめました
もう「想い出」としておいておきます

学生時代の忘れられない思い出の1つとして
愛することを教えてくれた人として
勇気をくれた人として
成長させてくれた人として
あの人は心ん中に永遠に在ります

ありがとう、ありがとう、ありがとう

忘れないでね?


| こいのにっき | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
愛されるよりも愛したい、まじで
あなたが居なくなってしまうことは
今自分の中でとても怖いものとなっている
きっとあなたがあたり前になってきている証拠で
そのあたり前が崩れてしまったとき、
自分がどうなってしまうのかさえわからない

恋愛感情はないのにあなたを失いたくない
都合のいい男なのかと聞かれれば
それまでなのかもしれない

向こうが抱いている「愛」が本物なのかなんて
自分にはわからないわけなんだけど
毎晩言ってくれる「愛してる」の言葉を
うちは水面の上をひょいひょいするように受け取り
流すだけ流して、そのまんま

諦めてもらうことが向こうの幸せに繋がることは
出会ったときからわかってること
だけど、「諦めて」なんていう言葉は言えなくて
あなたが遠い存在になってしまうのならば
そんな言葉は飲み込んで、なくしてしまおう

ただただそんな苦しみに毎日耐えている
愛されれば愛されるほど辛くて
好きだと言われるほど苦しくなる
追われる恋に慣れてない自分が追われると
どうしても距離を保ちたくなってしまう

愛されるより愛したい体質

自分の幸せか相手の幸せか
甘えないようにしないと
期待させないようにしないと
それを1番わかってるのは自分自身

好きと愛してる
言われるよりも言いたいんです


| こいのにっき | 16:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
運命とか偶然とか
出会いたくて出会ったわけでもなく
ただ偶然同じレッスンになって
同じ大学に行くということがわかって
それで話もどんどん盛り上がって
一緒に帰ったりして、終わるの待ってくれてたりして
嬉しいことをしてくれる人に惹かれしまう自分が
ちょっと許せなかったり

君にはその時愛すべき人が居て
それを一緒に帰った少しの夜道で教えてくれて
その言葉が「諦めて」と言っているように聞こえて
深まってく前でよかったと自分を慰めて
もう会いたくないなんて思ったりもしたんだけど
やっぱり会いたくなる日もあったりした

自分には恋する人が居て、あの人しか見えなくて
あの人への恋が最後の恋だなんて思ったときもあったし
でも最近になってみれば想い出になってきて
学生時代の忘れられない想い出の1つになってきて
いい想い出として脳内で処理されようとしてる

だから、君に会いたくなかった
だけど、どこかで君に期待してた

めざましTVの占いで
新しい出会いがあるとか運命の出会いとか
そういう結果の時は必ず君と出会う

用が済んだならさっさと帰ればいいのに
いつも終わるのを待ってくれてたり
一緒に帰る少しの歩道は
笑いが耐えない話ばかりで
心ん中に開いた小さな溝を 埋めてくれたりもする

大学が同じで、生徒番号が前後で
「縁が深いね」なんて言われたりして
それで2人で照れ笑いとかして
そんな風にしながら、意識していった自分に戻りそう

君にはもう愛すべき人が居ないの?
君は今誰を愛してる?
自転車で20分の彼女をまだ迎えに行ったりしてる?

連絡先も知らない
呼び方さえも知らない
ただ知ってることといえば名前と顔と声と学部と住んでるところ
これだけわかってれば十分なのかもしれないけど
まだ知りたいという欲求がうずいちゃったりしてさ

めざましTVの占いは当たってるのか当たってないのか
そんなことどうでもいいんだけど
見る日に限って君に会ったりしちゃうもんだから
やっぱり信じたくなっちゃうわけなんです


| こいのにっき | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
夕日を見ながら
20060330_59218.jpg
もしも今きみに
愛を告げることができるなら
もしそれが今自分にできるなら
どんな顔をして言うのだろう

きみが好きだという事実が消えないし
きみを思い浮かべれば
切なくなるのに
愛を告げる言葉が
胸でつまってしまい
言えなくなってしまうんだ

もう一度きみが
この気持ちを振ってくれたなら
きみにもらった幸せと思い出全てを
忘れることができるのだろうか
あの日クレーンゲームで取ってくれた
ミッキーの人形が突然消えてしまった時みたく
きみがくれた幸せと思い出は
何の前触れもなく消えてしまうのだろうか

この想いが鳴り止むことはなく
きみを想う日が途切れるわけでもなく
きみに連絡をするわけでもなく
ただただ
きみへの想いを募らせるだけで
きみを想うだけで
それだけで幸せになれてしまうんだから
本当にバカだと思います


| こいのにっき | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
わかりまてん
あわわ、あわわ、あわわ
忙しくて、更新は疎かになっちゃうし、太っちゃうし
なのに、我慢してたマクドに行っちゃうし
もうなんだか、てんてこ舞な感じで過ごしてました

友達はこんなうちをよそに、2キロ痩せたらしくて
彼氏と海に行くためだとか言ってて
やっぱり愛の力ってすごいんだなーって改めて思ってて
夏にあの人に逢うのか?って聞かれちゃったら
逢いたい!としか答えようがないんだけれど
卒業する前に予備校でお互い「呑みに行こうねー」なんて
不確かな約束を交わしてるわけ
だけど、忘れん坊のあの人が覚えているはずもないから
また「呑みに行こうねー」って確かな約束にするためにも
自分が頑張らなくちゃいけないなって
あの人の顔を思い浮かべるたびに思ってしまうわけなんです

毎日メールしてないし、電話もしてないし、逢ってもないけれど
それでも毎日あの人を想っているから
この恋は相当しぶといんだな、と改めて実感しました
早く落ち着きたいとは思うけれど
いつになれば、どうすればこの焼き痕が消えるのかは
やっぱりわかりまてん


| こいのにっき | 19:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>