CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
カラス
カラス (JUGEMレビュー »)
湘南乃風, 10-FEET
RECOMMEND
純恋歌
純恋歌 (JUGEMレビュー »)
湘南乃風,Soundbreakerz
RECOMMEND
RECOMMEND
<< dream in dream | main | 歌声が届くように >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | | - | - |
thanx 4 u
誰も居ない夜は君と撮った写真を見たりして
初めて逢ったときのことを思い出してみたりする
あの夜はきっと忘れられない夜で
運命の夜だって、今もこれからも思うんだろう

みんなと小さなロビーで踊っていたら
君は誰も飲んでないコーヒーを飲みながら

「早く踊ってよ」

ってそんな無責任な言葉を言い放って
偉そうにドカンッって椅子に座ってさ
踊ってるとこを見ていた
肩からタオルをかけていて、コーヒ飲んでるから
まるでTVのプロデューサーみたいだった
だから、こう言ったよね

「自分、プロデューサーみたいやんな」

初めて逢ったくせにそんなこと言った自分
今考えると本当何を考えてたんだろうって思う
君は怒らないで、笑顔でいてくれたね

それをきっかけに話すようになって
アドレスも交換して、メールもするようになって
どんどん仲良しになっていって
二人で映画も見に行って、ココアをごちそうしてくれて
古着屋さんで色んなおもちゃを見ながら
二人で盛り上がって、わーきゃー言ってた

夏は気持ちを伝えたら、「ありがとう」って言ってくれて
それから関係が壊れることもなく
ずっと友達を続けてこられてんだよね

色んな思い出を本当に作ってくれた
幸せもいっぱいくれた
その分、苦しい想いもした
涙もいっぱい流した
だけどね、君だったからこんな想いにもなれたんだ
本当、感謝の気持ちでいっぱいだよ

あの夜、君があの小さなロビーに来なかったら
君と僕は知り合うこともなかった
他人のまま卒業してたのかと思うと怖くてしかたない
君が居ない春、夏、秋、冬なんて想像もできない

本当に出逢えてよかったと、本当に友達になれてよかったと
卒業して数日経って、心底思うようになりました
ありがとう、ありがとう
何回のありがとうの言葉を並べても足りないよ
色んな気持ち、想い、思い出、幸せ
それを全部君はくれました

ありがとう
これからも歌い続けるから
これからも叫び続けるから
忘れないでね

今宵も君との写真を見ては、落ちている思い出達を拾って
それを夢にばらまいてみるんだろうな


| こいのにっき | 17:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト


| - | 17:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://0ne-and-0nly.jugem.jp/trackback/15
トラックバック
お菓子キンシ!!
だってアノ香り。。。ウチにはユウワクの香りなんだモンwwwwウチいつもバッグにイチゴポッキ入れてたケドそれってモシカシテ中毒?!
| 冬月かえで | 2006/03/17 5:40 PM |